Top > テクニック > 為替相場の動き

為替相場の動き

とうとう取引する時という段階では事前調査をしなくてはいけません。

 

売買を行う前であれば物事を客観的に観察する事ができるゆとりがあります。

 

だけれども、ひとたび取引の中に立ち入ってしまうとどう試みても捉え方が主観的になり重要な時に正しい見方が出来なくなる。

 

リスクを負います。

 

それだけに自分の落ち着いている場面で、間違いない事前準備をしておくことが大切なのだ。

 

この"準備"とは、まずは自分なりのストーリー展開を書くことからスタートする。

 

今からの投資環境はこうだからこの通貨をエントリーするというふうに自分で考えた筋書きを書いていきます。

 

次は日足チャートを確認しましょう。

 

これまでの為替相場の動きを見て、今の値段を確かめます。

 

そうすれば、「今のところ相当低すぎる段階にあるな」とか、そうでなければ「もうすでに大多数の人が勝負している今から急にエントリーしてももはや手遅れだな」などと分かってきます。

 

無論すでに売り(または買い)するが間に合わないなと思ったならば、エントリーしないで、その状況では潔く吹っ切ることが肝心。

 

自らのシナリオを妥協しないで無理やり新しく注文すると、外国為替相場に跳ね返されてしまい、反対に損をすることになります。

 

ただしたいがいの場面で準備万端のあなたなりのシナリオを作っていれば買い(または売り)が手遅れという状況にはならないだろう。

 

リアルに市場が動意する前の状況のはずだからです。

 

次に、あなたがエントリーしようと考えている外貨ポジションの上下の動きを、じっくりと調べる事が重要です。

 

もし、ドル高になると予想する脚本を描いたのであればドル円の推移に注目する事が大切です。

 

為替相場の変化を気をつけ始めた場面では、まだまだその通貨は明確に上下動する兆候を見せず上や下にわずかな動きを繰り返しているだけでしょう。

 

しかしながら、その変動を注目しているとある地点でじわじわと、円安へと推移し始めます。

 

ここでやっとドルの新規取引します。

 

基本的に、これだけ緻密に用意さえしておけばそのトレードで稼げる可能性は割合高まります。

 

テクニック

関連エントリー
為替相場の動きテスト