Top > ニュース > 通貨のスプレッド

通貨のスプレッド

「スプレッド」とはFXは二国間の通貨を売買して収益を稼ぐ取引です。

 

売買の注文の価格は二十四時間上がったり下がったりします。

 

これが為替市場です。

 

ラジオのニュースを聞いていると外貨の為替のニュースが流れます。

 

よく見かけるのが、「本日のドル円は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという意味ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを表しています。

 

別の表現をすると売買には買値と売値の両方の値があるという事です。

 

売値、買値の事を別の言い方で表現しているFX取引会社もあります。

 

平常時には買値よりも売値のほうが小さくなるものです。

 

自分が買うときには高く、売るときには安くなるものです。

 

その差をスプレッドといい、FX会社の稼ぎのひとつとされています。

 

スプレッドの差はFX取引会社によって変化します。

 

スプレッド幅は自分自身にとって負担になるので、小さい業者をセレクトしたほうが有利になります。

 

ただ、同じFX取引会社でも局面によってはスプレッドは変動します。

 

もしもいつもはドル円のペアでわずか1銭のスプレッドの差であってもレートの上下動が激しい状態では3銭、4銭になったりする状況があります。

 

そのため、スプレッド幅が狭いのと同じくらい、固定している事が肝心です。

 

この頃では動かないスプレッドの差を表示するFX会社も数多くあります。

 

実際に業者のトレード画面内で本当の相場をチェックしなければ判別できないので億劫ですが必要不可欠な事です。

 

重要な資金を投資して売り買いをするのだから実際の注文の前に心惹かれた業者の取引するための口座開設を全部して、提示されているスプレッドを見ておきましょう。

 

同じペアでも、その時点の為替相場の状況によって通貨のスプレッドの広さは異なることがあります。

 

おおむね、インターバンク相場で取引量の多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの幅が小さく、残りのペアではスプレッドの広さが広がる事が多いです。

 

ニュース

関連エントリー
人それぞれの美しさ通貨のスプレッドテスト